葬儀社選びに迷ったのならココをチェックしよう

男性

火葬場のある点が特徴です

メンズ

マナーは一般的な常識です

四條畷市は、大阪府東部に位置している郊外型の都市です。周辺都市と比べて人口の少ない都市ですが、近隣都市と共同で利用している火葬場が、四條畷市内の山間部で運用されています。したがって、都市の規模と比べて葬儀業者は多いことが四條畷市の特徴ですから、葬儀自体は各斎場で数多く行われています。ただし、個人が頻繁に葬儀に参列する機会のないことが、一般的です。そのため、参列した経験はあっても、マナーやルールを十分に知らないことは珍しくありません。斎場における基本的なルールを紹介します。到着後に最初に行うことは、受付で会葬帳に記帳を済ませます。遺族側の対応次第になりますが、必要に応じて香典も渡します。様式に関係なく座席を用意していることが通例ですが、近親者等の関係者を除いて席順は決まっていません。したがって、席に空きのないように、順次着席することがマナーです。着席後は私語を慎んで、知人に対する最小限の挨拶に留める方が適切です。携帯電話が普及している現在は、電源を切っておくことは常識的なルールです。一連の過程に関する詳細として、香典は表書きを相手に向けて手渡しします。遺族に対して挨拶をしたい場合、着席前に行います。遺族は大変忙しいので、簡単に済ませることがマナーです。葬儀は、伝統的に特殊なルールを設けている地域が少なくありません。しかし、四條畷市は通例に沿っていれば問題がありませんから、常識的なマナーを身に付けていることが大切です。また葬儀のことは専門業者に相談するのが効率的なので、まずはアドバイスをもらうといいでしょう。